バレンタインに浮気が急増する謎!浮気相手から貰ったチョコを旦那はどうする?

バレンタインは、旦那が、会社からたくさんの義理チョコを貰ってくる日。

甘いもの好きの女性の中には、美味しそうなチョコを、ちゃっかり分けてもらうという人もいます。

でも、時に、「不自然に気合の入ったチョコ」が混じっていたりします。
妻の勘が閃きます。「浮気相手からのプレゼントではないか?」

バレンタインは、浮気が急増するイベントです。

バレンタインに浮気が急増するのはどうして?クリスマスとココが違う

バレンタインは、日本では、女性から男性に好意を伝える日になっています。

恋人に愛を伝える

職場の同僚や上司に感謝を伝える

職場では、「義理チョコ」がプレゼントされます。

男性にとっては、自分の人気が、チョコの数という分かりやすい形で示される事になります。たくさんのチョコを貰える事が、男性にとっては、一種のステータスになっています。

関心ないというポーズをとっている男性でも、バレンタインのチョコをプレゼントされると、意外なハイテンションで喜びを表現します。

既婚男性に公然とチョコをプレゼントできる日。

それがバレンタインです。

「いつもお世話になってます!」という言葉を添えれば、誰でも既婚男性にプレゼントできる。それが、クリスマスとの違いです。

クリスマスのように、プレゼントできるのが、特別な関係である必要がない。それが、バレンタインです。

バレンタインは、不倫をしている女性にとって、年に1回、公然とチョコをプレゼントできる日です。

ついつい気合が入ってしまう⁉︎試行錯誤の末に選ぶのは手作りチョコ?

不倫相手にプレゼントするのは、発覚の恐れがある、危険な行為です。そのため、不倫をしている女性は、普段は、相手にプレゼントができません。

誕生日も、クリスマスも、プレゼントは控えるというのが、いわば、不倫の常識です。

それだけに、公然とチョコをプレゼントできるバレンタインには、ついつい気合が入ってしまいます。女性が嫌がるのが、他人と被ってしまう事。

自分の想いを込めたチョコが、他の義理チョコとかぶるのは、我慢ならないところです。

社会人になると、職場の上司に渡す義理チョコは、いわゆる義理チョコより、ランクが上になるのが普通です。

ポピュラーなのが、ゴディバのチョコ。

ハズレのない、有名チョコです。

相手を喜ばせるには、イマイチ、喜びのインパクトが弱いとして、不倫している女性は、有名チョコは、選ばない傾向があります。結局、選ぶのが、手作り。

世界に1つしかないというのは、女心をくすぐります。

「美味しいと言わせたい」そんな意地も加わります。

断然怪しい手作りチョコはデートの時に食べさせる

女性が手作りチョコを渡すのは、本命だけ。
男性も、結婚に至るまでに、それくらいの事は学んでいます。

浮気相手から渡されたのが、有名チョコの包装紙なら、一応、自宅に持って帰ります。

しかし、手作りチョコとなると、学校の先生が生徒から貰った場合を除き、既婚男性が自宅に持ち帰る事は、まずありません。

「浮気相手がいます!」と、妻に宣言するに等しい行為だからです。

結局、手作りチョコを貰った時には、その場で食べるしかありません。

もちろん、不倫をしている女性も、手作りチョコが不倫をバラすきっかけになるのは、分かっています。そこで、デートの時に、食べてもらうよう、仕向けます。

ただし、中には、自分の思いつきに夢中になって、そのまま渡してしまうという女性もいるようです。旦那がうっかり持ち帰るのは、そんなケースです。

2月13日に不倫カップルはデートする⁉︎浮気の証拠を掴みやすいのがバレンタイン

バレンタイン当日は、妻も多少の気合を入れて、夫にプレゼントをするものです。バレンタイン当日は、久々に恋人時代に戻ろうとする妻も、稀ではありません。

バレンタインデーは、女心をときめかせます。

そんな妻の気配を感じ取って、不倫男性の多くは、バレンタイン当日は家にいて、浮気相手とは、その前後にデートをします。多いのが、前日の2月13日。

手作りチョコを用意している浮気相手も、デートの時に、チョコを食べてもらって、その反応を見ようと、レストラン等でのデートをねだるのが、普通です。

食事を済ませて、コンビニで買い物して、ラブホテルに行く。
それが、お決まりのバレンタイン不倫のコースです。

普段の旦那の様子から、浮気の可能性を疑っている場合、バレンタイン前日は、浮気の可能性が高い日です。

バレンタインの不倫デートでは、ラブホテルに10時間近くこもるケースが、少なくないです。

ラブホテルに出入りする旦那と浮気相手の写真は、言い逃れできない証拠になります。

明瞭に旦那の顔が写る写真を、バッチリ撮れるのは、浮気調査のプロです。
素人では、警戒している相手の顔を、鮮明に写すのは、無理です。

浮気に強い探偵事務所に相談しましょう。

探偵社に依頼してみよう!安さで選んだらまずい⁉︎

探偵社に依頼するメリットは、主に2つあります。

効率的に証拠がつかめる事

事実を把握した後の行動が円滑に進む事

いずれも、裁判を視野に入れた時、不可欠な条件です。

パートナーの浮気を疑った時、最初は、裁判までは考えないものでしょう。とにかく、今のモヤモヤから脱却したい。「気のせい」「どうかしてない?」と、白々しく言われるのに、疲れた。

そんな状態から、一歩前進しようとした時、他の、頼りになる人に、援助を受けたいと思って、具体的に思い浮かぶのが、探偵です。

探偵社は、今では、数多くあります。安い料金で請け負うのを、ウリにしている探偵社もあります。

探偵社は、料金が事前にはっきり分からない事も多く、料金は、日常感覚からすると、非常に高額です。安く請け負ってくれる会社に依頼したくなります。

しかし、私の経験上、安さをウリにしている探偵社は、オススメできません。肝心の証拠が、証拠力を欠いた物になりかねないからです。

人物が特定できないような、ぼんやりとしか写っていない写真

浮気を決定づけられる瞬間を捉えていない写真

そうした写真では、裁判に持ち込むまでもなく、旦那との話し合いでも、事実を突きつける事にはなりません。

証拠力が高い写真を撮ってくれる探偵事務所ならコチラ

証拠力が高い写真を撮ってくれる探偵社として、私がオススメするのが、原一探偵事務所です。

原一探偵事務所からの報告書を受け取った時、何より私が驚いたのが、浮気の決定的な瞬間を鮮明に捉えた写真でした。

頭をガンと殴られるような、激しい衝撃に襲われました。

「見たくない現実を見てしまった!」

それが、正直な感想でした。限りなく黒に近いグレーの心象を抱き、原一探偵事務所に浮気の調査を依頼しましたが、本当に黒だったと納得したのが、報告書に添付されていた写真でした。

原一探偵事務所は、調査実績43年。解決してきたのは、100000件以上。年間問い合わせ数は、30000件以上。探偵業界最大手の探偵事務所です。

全国主要都市18拠点にネットワークがあります。社員は、100名以上います。いつ何時調査を依頼しても、引き受けてもらえます。

調査員には、10年以上のベテランも多数います。2~3年で辞めてしまう調査員が少なくない中、原一探偵事務所の調査員は、経験が豊富です。

尾行していて、見つかってしまうという失敗は、原一探偵事務所の調査員なら、あり得ません。

また、調査後のアフターフォローも、原一探偵事務所は、万全です。法的アドバイスを貰ったり、弁護士さんを紹介してもらえます。原一探偵事務所は、東京都弁護士会共同組合の特約店です。

原一探偵事務所に相談する方法

原一探偵事務所に相談するには、公式ホームページから「お問い合わせフォーム」を送信します。「お問い合わせフォーム」は、「浮気調査の無料相談はこちら」をタップすると、表れます。

「原一探偵事務所は違法調査は行いません。詳しくはこちら」の「詳しくはこちら」をタップしても、「お問い合わせフォーム」が表れます。

「お問い合わせフォーム」に記入するのは、名前、性別、住所、相談項目、相談内容、電話番号、希望連絡日時、メールアドレスです。

名前は、ニックネームで構いません。住所、相談項目は、選択式です。また、希望連絡日時とメールアドレスは、記入しなくても大丈夫です。

急ぐ時には、フリーダイヤルで、相談できます。相談と見積もりは、無料です。しっかりした探偵事務所に依頼する事で、事実が明瞭になり、自分で納得できる人生が、選べます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする