夫の浮気で離婚裁判するなら100%探偵事務所に頼むべき理由

浮気は、夫婦生活を破綻させます。

旦那の浮気を疑った時点で、これまでの夫婦生活が、一気に色あせます。一緒にやっていく自信がなくなります。

破綻の先にあるのが、離婚です。
離婚の原因で、最も多いとされるのは、性格の不一致とされますが、裁判になるケースでは、浮気が圧倒的に多数を占めます。

夫の浮気を疑い、浮気が本当だったら、裁判して離婚しようと考えている時、適切なのが、探偵事務所に調査を依頼する事です。その理由を説明します。

裁判は証拠主義!証拠が不十分なら主張は認められない

裁判は証拠主義です。客観的に確かな証拠を元に、訴えの妥当性を判断します。

証拠が不十分では、訴えは棄却されます。あなたの中で、旦那の浮気が100%確かな事実だったとしても、それを裏付ける証拠がなくては、裁判では負けます。

不十分な証拠では、憶測や推測として扱われてしまいます。結婚生活を破綻させた原因が、実際には旦那にあっても、あなたに原因があるとして、あなたが不利な立場に立たされる可能性もあります。

法律では浮気の事は不貞行為と表現する!不貞行為とはいわゆる浮気とどう違う?

浮気で離婚裁判をする時、浮気は、「不貞行為」という言葉で表現されます。結婚に関しては、民法に規定がありますが、民法では、「浮気」とか「不倫」という言葉は、使いません。

単なる表現の違いでしょうか?
実は、定義が、厳密に決められています。日常使われる「浮気」とは、微妙に内容が異なるので、注意が必要です。

不貞行為とは、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」です。

特に注意したいのが、「性的関係を持つ」という点です。
肉体関係を持たない場合、民法では、不貞行為とみなされません。

妻の感情としては、デートするだけでも、れっきとした浮気です。しかし、法律上は、デートしただけでは、不貞行為とはみなされません。

デートした時のツーショット写真は、夫婦喧嘩では、「浮気」の証拠になるかもしれません。しかし、離婚裁判では、「不貞行為」の証拠になりません。注意が必要です。

判例では不貞行為はどんなケースで認められているのか?

過去に行われた裁判で、どんな判断が下されたかを、判例と言います。裁判は判例を重視します。

判例が認める不貞行為の意味は、狭く限定されています。性交渉を持った場合です。

  • 旦那と浮気相手の女性が、ホテルの一室に宿泊した証拠がある時
  • 2人が旅行した事が明確に分かる場合
  • 肉体関係がある事がはっきりと読み取れる手紙などがある場合

などに、不貞行為が認められています。

  • デートの約束をしたメール
  • 街中で2人が手をつないでいる写真

妻の感情を逆なでするこれらの物は、離婚裁判では、残念ながら、不貞行為の証拠にはなりません。

継続性がある事も裁判では重視される!1回きりじゃ不貞行為ではない⁉︎

肉体関係があったら、どんなケースでも、離婚裁判で、訴えが認められるのでしょうか?

判例では、肉体関係を妻以外の女性と持ったのが、1回限りの場合、不貞行為として離婚を認めたものはありません。

ただし、1回なら許されるというわけではありません。

1回の浮気でも、それをきっかけとして、夫婦関係がうまくいかなくなった場合は、離婚が認められます。この場合は、「婚姻を継続しがたい重大な事由」が、原因として認められる事になります。

裁判で、離婚の原因として認められる不貞行為とは、

「ある程度継続的で」

「肉体関係を伴う」

男女関係を指します。

不貞行為の証拠を掴むにはプロの尾行と眼識が不可欠

「浮気」の兆候を掴んだら、次にすべき事は、「不貞行為」の証拠を掴む事です。不貞行為の証拠を掴むには、プロの尾行が必要です。周囲に気を配っている旦那に、気づかれないよう、あとを付けるのは、妻には困難です。

写真を撮るにしても、不貞行為の証拠になる、決定的な瞬間を、鮮明に写し出す必要があります。誰の顔か、分かりづらい写真では、仮にラブホテルに入っていくところを写したものでも、不貞行為の証拠にはなりません。

不貞行為の証拠を掴むのは、素人の手に余ります。それが出来るのは、浮気調査で実績をあげている探偵事務所です。

浮気を疑われた夫が口にする3つの言葉

浮気を疑った時、誰しもしてしまうのが、すぐに問い詰めてしまうことです。

「あなた、浮気してるんじゃない?」

しかし、この言葉で、浮気をあっさり認める旦那はいません。こんな状況で、旦那が口にするのが、次の3つです。

「夫婦なのに、信じられないのか?」

「どこに証拠があるんだ?」

「嘘だと思うなら、調べてみればいいだろ!」

自分で調べるのはマズイ!その理由は×××だから

「調べてみればいい」と言われても、自分で調べてはいけません。成功する事は、まずありません。居直った旦那は、あなたが動く事を前提に、警戒を強めているからです。

もしくは、見られる事を前提に、わざと写真やメールを見やすい状態にしている可能性もあります。

言い争いをした後で、苦労せずに尻尾を捕まえられたら、罠と言っても過言ではありません。離婚を、いきなり切り出される可能性があります。

自分で動くのは、危険です。確かな証拠を得られる可能性が低いから。そして、あなたに有利な形で、話を進められる可能性が無くなるからです。

浮気の証拠を掴むのはプロに任せよう!探偵事務所に相談する3つのメリット

浮気を疑ったら、問い詰めたい気持ちをグッと堪えて、探偵に相談しましょう。探偵は、浮気調査のプロです。探偵事務所によって、調査の対応ジャンルは異なりますが、浮気は、たいていの探偵事務所が対応しています。

探偵事務所に相談するメリットは、3つあります。

「証拠がつかめること」

「旦那の一方的な申し出による離婚を回避できること」

「自分に合った今後の選択肢が用意できること」

浮気問題は、冷静に対処するのが、きわめて困難です。証拠を掴むのは、再出発の出発点です。出発点を円滑にしてくれるのが、探偵です。

どんな探偵事務所に相談したら良いのか?

探偵事務所は、多くが、浮気に対応しています。探偵事務所選びは、簡単ではありません。私は、3つの探偵事務所を候補にあげました。

原一探偵事務所

HAL探偵社

総合探偵社TS

です。いずれも、知名度が高い探偵事務所です。

知名度は、探偵業界では、実績と信頼性を反映すると言っても、過言ではありません。探偵事務所選びのポイントをクリアしているのが、知名度が高い、これらの探偵事務所でした。

探偵事務所選びのポイントと、これら3つの探偵事務所のウリは、別のページで紹介してあります。ちなみに、それぞれに魅力のある探偵事務所の中で、私がお願いしたのは、原一探偵事務所でした。その理由も、別のページに記してあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする