PTAは浮気・不倫の巣窟!役員だけじゃない先生にも要注意

参加するかどうかで、近年、論争が起きているPTA。
役員になると、学校に行く事も増え、行事の前には、細々とした雑用が、うんざりするほどあって、大変です。

それもこれも、子供の事を思えばこそ。

その思いは、保護者も先生も共通しているはず。

昭和の頃は、PTAの大半は、お母さんでした。女性ばかりの気苦労があるとは言っても、ある意味、気楽。

しかし、近年、PTAに出席するパパが増え、新たな問題が生じています。
男女が親しくなると、起こる問題。浮気です。

堂々と男女が同じ車に乗れる!浮気に発展しやすい環境がココにあった

PTAは、独特の空気を持った集団です。
子供のためのボランティアを行なうという、善意を前提にした集団が、PTAです。

そのため、世間並みの遠慮が、なくなります。
PTAの用事で外出するとなると、家族でなくても、同じ車に乗って、怪しまれる事はありません。

「大変ですね」

「それはそれは。行ってらっしゃい!」

A君のお母さんとB君のお父さんが、同じ車に乗っていても、PTAの用事となると、誰も、不審そうな顔はしません。

役員ともなると、頻繁に連絡を取り合います。
次第に親密になり、やがて、特別な関係になってしまう。不倫関係です。

役員同士の関係ばかりでなく、担当の先生と特別な関係になってしまうケースもあります。

PTAの浮気はバレやすい⁉︎噂は瞬く間に広まる

PTAは、地域社会に密着した集まりです。メンバーは、顔見知りばかり。
普段の様子を知っている間柄だけに、密かな恋のつもりでも、周囲には分かってしまう可能性が高いのが、特徴です。

子供のためのボランティア活動という前提があるだけに、いつしか、大人同士が、男女の関係になってしまう事は、厳しい非難にさらされます。

「気づいたでしょ?あの2人、また、いちゃついてるわよ。」

そんなヒソヒソ話が、瞬く間に広まります。

大人同士の噂話が、いつしか子供の耳に入ってしまう可能性も、無いわけではありません。

正常な判断力が働いていれば、子供に迷惑がかかるという理由から、回避される不倫。PTAの不倫は、行きずりの浮気と違う、根の深さがあります。

最終手段は四者面談⁉︎必要なのは確かな証拠

PTAの浮気では、浮気をする日は、把握しやすいと言えます。

  • 行動予定表
  • 役員名簿

などが、手に入りやすいためです。

予定表に無い日に、急に集まりが行われる事になった場合、学校や他のPTA役員を通して、本当に会合があるかどうかは、確認できます。

浮気をしている場合、2人の日程を合わせるため、曜日や時間には、ある程度の規則性があります。その規則性を考えると、かなり高い確率で、浮気の日は、特定できます。

浮気をやめさせるには、証拠が必要です。噂話の段階で、浮気をしている当事者たちを説得する事はできません。

特定される日に、浮気の証拠を掴み、当事者とそのパートナーの四者面談で、事態を収める事ができれば、それに越した事はありません。

確かな証拠を掴むために自分で動いて大丈夫か?自己調査は違法行為に至るリスクがある

行きずりの浮気なら、旦那の警戒心は、それほどでもありません。
しかし、狭い社会で始まり、子供の事も忘れてのめり込む浮気は、根が深く、継続しようとして、警戒心が強くなっています。

証拠が得られそうな日は、高い確率でつかめますが、浮気の確かな証拠を得ようとしたら、素人には難しくなります。

夫婦であっても、プライバシーの侵害は、許されるとは限りません。

例えば、旦那のメールに自動転送設定を行って、旦那に届いたメールをいつでも読める環境にしてしまうと、不正アクセス防止法に抵触します。最悪の場合、逮捕される可能性があります。

浮気の確かな証拠を掴むには、探偵事務所に相談しましょう。違法な手段を使わず、高い調査力で、張り込み、尾行、撮影などを行ってくれます。

PTAの浮気では離婚しやすい?離婚訴訟で慰謝料請求するためにも確かな証拠が必要

四者面談で、仮に当面の危機を脱しても、PTAの浮気は、その後、子供の転校、離婚等につながりやすいです。

狭い社会で、すでに噂が広まってしまっているためです。
子供に迷惑がかかるのを忘れたというのも、夫婦間に、しこりを残します。

浮気を理由とする離婚では、離婚訴訟の途中で、慰謝料を請求する事ができます。

裁判は、証拠主義です。不貞を働いたという事が、客観的に証明されなくてはなりません。証拠が不十分だと、慰謝料請求は、棄却されてしまいます。

離婚訴訟を起こす場合、浮気の確かな証拠が不可欠です。

浮気を疑われた夫が口にする3つの言葉

浮気を疑った時、誰しもしてしまうのが、すぐに問い詰めてしまうことです。

「あなた、浮気してるんじゃない?」

しかし、この言葉で、浮気をあっさり認める旦那はいません。こんな状況で、旦那が口にするのが、次の3つです。

「夫婦なのに、信じられないのか?」

「どこに証拠があるんだ?」

「嘘だと思うなら、調べてみればいいだろ!」

自分で調べるのはマズイ!その理由は×××だから

「調べてみればいい」と言われても、自分で調べてはいけません。成功する事は、まずありません。居直った旦那は、あなたが動く事を前提に、警戒を強めているからです。

もしくは、見られる事を前提に、わざと写真やメールを見やすい状態にしている可能性もあります。

言い争いをした後で、苦労せずに尻尾を捕まえられたら、罠と言っても過言ではありません。離婚を、いきなり切り出される可能性があります。

自分で動くのは、危険です。確かな証拠を得られる可能性が低いから。そして、あなたに有利な形で、話を進められる可能性が無くなるからです。

浮気の証拠を掴むのはプロに任せよう!探偵事務所に相談する3つのメリット

浮気を疑ったら、問い詰めたい気持ちをグッと堪えて、探偵に相談しましょう。探偵は、浮気調査のプロです。探偵事務所によって、調査の対応ジャンルは異なりますが、浮気は、たいていの探偵事務所が対応しています。

探偵事務所に相談するメリットは、3つあります。

「証拠がつかめること」

「旦那の一方的な申し出による離婚を回避できること」

「自分に合った今後の選択肢が用意できること」

浮気問題は、冷静に対処するのが、きわめて困難です。証拠を掴むのは、再出発の出発点です。出発点を円滑にしてくれるのが、探偵です。

どんな探偵事務所に相談したら良いのか?

探偵事務所は、多くが、浮気に対応しています。探偵事務所選びは、簡単ではありません。私は、3つの探偵事務所を候補にあげました。

原一探偵事務所

HAL探偵社

総合探偵社TS

です。いずれも、知名度が高い探偵事務所です。

知名度は、探偵業界では、実績と信頼性を反映すると言っても、過言ではありません。探偵事務所選びのポイントをクリアしているのが、知名度が高い、これらの探偵事務所でした。

探偵事務所選びのポイントと、これら3つの探偵事務所のウリは、別のページで紹介してあります。ちなみに、それぞれに魅力のある探偵事務所の中で、私がお願いしたのは、原一探偵事務所でした。その理由も、別のページに記してあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする