専業主婦で子供がいないと旦那は浮気しやすいのか?バリキャリ女性や子供がいる女性との違いは何?

旦那の浮気は、なかなか相談できないものです。実家の母親にも、簡単に打ち明けられる事ではありません。

でも、誰かに相談したい。

両親に打ち明けられないほど、深刻な問題だからこそ、自分だけで悩んでいたら、押し潰されそう。
いっそ、顔が見えないネットで、相談しよう!分かってくれる人が、1人くらいは居るはず。

そんな逡巡を経て、旦那の浮気を疑う女性は、ネットに悩みを吐き出します。
ネットに悩みを打ち明ける女性の多くが、専業主婦です。

専業主婦がネットに相談窓口を求めるのは簡単に××に踏み切れないから

専業主婦が旦那の浮気を疑った時、最も悩むのは、経済的な問題です。

「もしも、離婚となったら、手に職が無いから、自分でやっていける自信がない」

結婚前は、バリバリ仕事をしていた女性も、専業主婦として数年過ごすと、復帰に不安を抱きます。

旦那の浮気は、夫婦間の愛情の破綻という側面に止まりません。
破綻を事実として受け入れた時、見えてくる離婚。
離婚によって、すぐにでも直面する、経済的な側面に、どの専業主婦も不安を抱きます。

結婚したら、たとえ離婚しても、実家を頼るわけにいきません。
専業主婦として社会との接点を減らした歳月が、現実的な重みを持って迫ります。

「離婚したい。でも、離婚したら、やっていけないんじゃないか?」

繰り返し、戻ってくるのは、離婚後の生活への不安です。
旦那の浮気は、現状を脅かす出来事です。平穏な生活をぶち壊す出来事です。妻の自尊心をズタズタにします。

専業主婦の場合、それだけに止まらず、将来の不安に直結します。経済的に自立していないためです。

妻のためらいを読んでいる⁉︎専業主婦の夫は精神的に優位に立っている

妻を専業主婦にしたい。それは、多くの男性のロマンです。
結婚前にバリバリ働き、働く姿に惹かれた男性も、結婚したら、家庭に入って欲しいと願う事が、少なくありません。

妻が専業主婦になると、かつて母親から受けていたような、細やかな世話を受けます。母親の無償の愛に囲まれて育った男性ほど、無意識のうちに、同じ生活を望みます。夫の専業主婦願望には、母親の愛情への憧れが垣間見えます。

専業主婦になった妻に対して、夫は、責任を感じます。妻を養わなくてはいけないという思いです。

その状態が何年か続くうちに、「妻を自分が養っている」という自覚に変化します。
その自覚は、時に、妻への優越感に変化します。

「自分が養っているのだから、多少遊んでも、ある程度なら許されるだろう。」
「妻からは、簡単に離婚を言い出す事はないだろう。」

浮気される妻は、夫の不遜を暗黙のうちに感じます。そして、怒ります。しかし、すぐに離婚を決断できません。経済的な不安が大きいためです。

専業主婦は夫への依存心が強くなる⁉︎自立していないのは経済面だけじゃなかった?

専業主婦でも、ボランティア活動に熱心に取り組んでいるような、社会との接点が多い女性もいます。
経済的には自立していなくても、精神的には自立している専業主婦はいます。

そうした女性は、日々の関心が、夫に狭く限られません。
付き合う範囲が広く、夫の事を客観視するゆとりがあります。

そうした専業主婦は、万一、夫に浮気される事態に至っても、現実的な解決法を素早く模索します。

家庭を守るべく専業主婦になり、夫に守られる形で家庭に引きこもった女性が、旦那に浮気される事態に至った時、最も狼狽し、途方にくれます。旦那の方も、精神的に自立できない妻に、対等な夫婦関係を見出せなくなります。

「これくらい、自分で判断して欲しい。」
「こんな事くらい、自分で処理して欲しい」
「こんな事も自分で始末できないようじゃ困る」

恋人時代は、自分を頼ってくれて愛らしいと感じていた妻の頼りグセが、結婚して何年も経つと、次第に疎ましくなっていきます。バリバリ仕事をしている女性に、妻にない魅力を感じるようになります。

子供がいないと妻が子供代わりになる?これって夫婦の関係?

専業主婦で、子供がいない夫婦だと、たいていは、旦那は妻を子供代わりにします。
「子供ができなくてもいいよ。君が僕の子供だ。」
そう言って、妻を慰める夫は、珍しくありません。

夫婦2人の生活を楽しむにつれ、妻は、精神的に夫への依存度を高めていきます。旦那が、気持ちの上で、父親のような存在になっていきます。

子供の成長を見守る事で、徐々に「親になる」という経験をせず、夫婦が親子へと変形してしまうのが、専業主婦で子供がいない夫婦です。

もとより本当の親子ではないため、子供への責任はありません。夫の妻への感情は、パートナーと親子のどちらでもない、中途半端なものになります。危うい均衡のもとに、2人の関係は保たれています。崩れやすい、微妙な均衡です。

対等な男女の愛情が、家庭以外に見つかった時、その均衡はもろくも崩れ去ります。

専業主婦でも、子供がいる夫婦は、子育てを通じて、2人が同時に親になっていきます。

時に、子供にかまけて、夫との関係が希薄になる妻もいますが、子供を通して、夫婦のしこりは、多くが解けていきます。旦那も、かつての母親が自分に見せた姿を、妻の現在に照らし合わせます。

子供がいると、夫婦の危機は、子供を通して回避される事が、少なくありません。

浮気を疑われた夫が口にする3つの言葉

浮気を疑った時、誰しもしてしまうのが、すぐに問い詰めてしまうことです。

「あなた、浮気してるんじゃない?」

しかし、この言葉で、浮気をあっさり認める旦那はいません。こんな状況で、旦那が口にするのが、次の3つです。

「夫婦なのに、信じられないのか?」

「どこに証拠があるんだ?」

「嘘だと思うなら、調べてみればいいだろ!」

自分で調べるのはマズイ!その理由は×××だから

「調べてみればいい」と言われても、自分で調べてはいけません。成功する事は、まずありません。居直った旦那は、あなたが動く事を前提に、警戒を強めているからです。

もしくは、見られる事を前提に、わざと写真やメールを見やすい状態にしている可能性もあります。

言い争いをした後で、苦労せずに尻尾を捕まえられたら、罠と言っても過言ではありません。離婚を、いきなり切り出される可能性があります。

自分で動くのは、危険です。確かな証拠を得られる可能性が低いから。そして、あなたに有利な形で、話を進められる可能性が無くなるからです。

浮気の証拠を掴むのはプロに任せよう!探偵事務所に相談する3つのメリット

浮気を疑ったら、問い詰めたい気持ちをグッと堪えて、探偵に相談しましょう。探偵は、浮気調査のプロです。探偵事務所によって、調査の対応ジャンルは異なりますが、浮気は、たいていの探偵事務所が対応しています。

探偵事務所に相談するメリットは、3つあります。

「証拠がつかめること」

「旦那の一方的な申し出による離婚を回避できること」

「自分に合った今後の選択肢が用意できること」

浮気問題は、冷静に対処するのが、きわめて困難です。証拠を掴むのは、再出発の出発点です。出発点を円滑にしてくれるのが、探偵です。

どんな探偵事務所に相談したら良いのか?

探偵事務所は、多くが、浮気に対応しています。探偵事務所選びは、簡単ではありません。私は、3つの探偵事務所を候補にあげました。

原一探偵事務所

HAL探偵社

総合探偵社TS

です。いずれも、知名度が高い探偵事務所です。

知名度は、探偵業界では、実績と信頼性を反映すると言っても、過言ではありません。探偵事務所選びのポイントをクリアしているのが、知名度が高い、これらの探偵事務所でした。

探偵事務所選びのポイントと、これら3つの探偵事務所のウリは、別のページで紹介してあります。ちなみに、それぞれに魅力のある探偵事務所の中で、私がお願いしたのは、原一探偵事務所でした。その理由も、別のページに記してあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする