浮気と不倫に違いはあるのか?旦那の言い草を聞いて驚きです!

旦那の様子がおかしい。
浮気を疑った妻に、不適切な関係がバレた時、旦那の大半は「浮気だから」と言い訳します。

「そんなに怒らないでくれよ。不倫したわけじゃないんだから。」
妻としては、納得しがたい、摩訶不思議な言い草です。浮気と不倫を、当事者はどう区別しているのでしょうか?

浮気は遊び!継続性の無さが特徴

「遊びだから。そんなに気にするような事じゃないよ。ほんの浮気じゃないか。」
浮気がバレて、妻に言い訳する旦那が、よく口にする言い草です。

浮気は遊び。それが、旦那の言い分です。

  • 酒の勢いで、ついムラムラときてしまった
  • 好奇心からのぞいた出会い系サイトで、何となく気になった女の子を、誘ってしまった

そんな時、旦那は、「浮気だった」と言い張ります。

「ほんの」という言葉がくっついてくるのも、浮気だけです。「ほんの不倫」とは、言いません。
軽くあしらえるのが、浮気。浮気する輩でも、軽くあしらえないのが、不倫です。

軽くあしらえるのは、継続性が無いためです。
一夜限り、せいぜい、2回程度で、関係は終了します。好奇心から始まり、好奇心が満たされた段階で、関係が終了するのが、当事者の言う浮気です。

不倫は本気⁉︎継続性があるのが特徴

「ほんの浮気だから」と言い訳する旦那も、「ほんの不倫だから、心配しなくていい」とは、けっして言いません。

パートナー以外の異性と関係を持ってしまうのが、浮気と不倫です。

関係が肉体関係に限定されるのが、不倫。
関係が肉体関係に限定されず、気持ちが傾いた段階も含むのが、浮気です。

浮気の場合も、パートナー以外の異性と肉体関係を持つケースが含まれます。
不倫との違いは、継続性です。

継続性が無いのが浮気、長いこと続いている関係が不倫。
当事者は、そう使い分けています。

不倫の場合、何年も、時には、20年近くも、関係が続いている事があります。その間に、不倫相手との間に子供を設け、週末ごとに顔出ししているケースさえあります。

そもそも不倫の意味は?継続した不適切な肉体関係に対しては離婚が請求できる

そもそも「不倫」とは、「道徳的に許されない」男女の関係を意味します。古い言い方では、「不義」と表現されていました。
結婚した男女の一方が、結婚相手以外の異性と、継続して肉体関係を持つのが、不倫または不義です。

結婚したら、貞操を保つ義務が生じます。貞操義務は、もちろん、夫婦ともにあります。
結婚したら、夫婦は、互いに協力し、扶助しなければなりません。その義務の1つに、貞操義務が含まれています。

貞操義務に反した行為は、民法では、「不貞行為」と言います。
法律で使われる「不貞行為」は、日常使われる「不倫」と同じ内容です。

結婚相手以外の異性と、継続して肉体関係を持つ間柄
それが、不倫であり、民法での不貞行為です。

貞操義務に反したと裁判所が認めると、不貞行為を理由として、離婚が認められます。

浮気だと不貞行為を理由とした離婚は認められない⁉︎離婚が認められるとしたら理由は×××

不倫の場合、裁判で旦那の不貞行為が認められると、不貞行為を理由とした離婚が認められます。

また、離婚訴訟中に、慰謝料を請求する事もできます。
慰謝料は、貞操義務に反した配偶者と、配偶者が肉体関係を持った異性に対して、請求できます。

では、浮気の場合は、どうでしょうか?
離婚訴訟では、不適切な肉体関係は、ある程度継続性が認められる事が、必要です。1回きりの関係で、不貞行為を理由とする離婚を、認める判例はありません。

ただし、1回なら、許されるというわけではありません。

遊びだったと主張しても、もう一方の配偶者が、それによって深刻な精神的ダメージを受け、夫婦関係が破綻したと認められれば、離婚は認められます。その場合、離婚の理由は、「婚姻を継続しがたい重大な事由」になります。

浮気でも不倫でも離婚訴訟を考えていたら証拠が不可欠

不倫でも浮気でも、離婚を求める訴訟を起こす事は可能です。

裁判を起こす時に、欠かせないのが、証拠です。
旦那が、自分以外の女性と肉体関係を持った事を、証明しなくてはなりません。

直接、セックスの場面を目撃した証拠。もしくは、社会通念上、性交渉を行なったと推認できる物が、証拠として必要になります。

裁判は証拠主義です。
妻の主観で浮気や不倫が確定していても、憶測の域を出ないと判断されれば、離婚や慰謝料の請求は認められません。逆に、相手から名誉毀損で慰謝料を請求される可能性があります。

不適切な関係が継続している不倫の場合はもとより、旦那が浮気と主張する場合も、離婚訴訟を起こすとしたら、不適切な肉体関係があった事を、証明しなくてはなりません。

裁判で勝てる証拠を手に入れられるのは、浮気調査のプロです。探偵事務所に相談しましょう。

探偵事務所に調査を依頼すると、社会通念上、肉体関係があったと推認できる、決定的な瞬間を、しっかり写真に撮ってくれます。

なお、旦那の浮気に悩まされた時、私が相談した探偵事務所を、別のページにまとめてあります。そちらも参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする