夫が単身赴任先でW不倫!W不倫で被害者の妻が確実に慰謝料を手にする方法

夫が単身赴任中に浮気をする。
残念ながら、珍しい事ではありません。
家庭を大事にしていた旦那も、例外ではありません。寂しいから。

家庭の温もりを知った男性は、独身時代の境遇に戻った時、不倫をしやすくなります。
家庭的な女性に惹かれる傾向があります。妻代わりの女性を求めるためです。
不倫の相手が、実際に既婚者というケースも。W不倫です。

W不倫の場合、ややこしくなるのが慰謝料請求です。
W不倫で慰謝料請求がややこしくなる理由と、被害者の妻が確実に慰謝料を手にするための注意点を説明します。

不倫相手も既婚者だった!W不倫だと被害者は2人いる

W不倫では、不倫の被害者は2人います。あなたが1人。もう1人は、旦那の不倫相手の女性のパートナーです。

旦那の不倫相手の女性は、あなたの家庭を壊した加害者です。
同時に、旦那も、不倫相手のパートナーに対する加害者になります。

加害者が被害者の被った精神的苦痛に対して支払うのが、慰謝料です。
W不倫では、慰謝料の請求権は、2人に発生します。あなたと、旦那の不倫相手のパートナーです。

旦那が単身赴任中に不倫した相手が、未婚者なら、話はシンプルです。
被害者は、あなた1人。慰謝料の請求権を持つのも、あなた1人です。

ところが、旦那が単身赴任中に不倫した相手が、既婚者だったら、不倫という事実に対し、慰謝料の請求権を持つ人が、あなたの他にもう1人出てきます。それが、W不倫です。

旦那の不倫相手のパートナーが不倫を知った場合は慰謝料請求ができなくなる⁉︎金銭的メリットがなくなるから

旦那の不倫相手のパートナーが、妻の不倫を知ってしまった場合は、いわゆる「痛み分け」の関係になります。

あなたから旦那の不倫相手の女性に対して、慰謝料を請求する事はできます。
ただし、旦那の不倫相手のパートナーから、あなたの旦那も慰謝料を請求されます。

あなた個人で見た場合、慰謝料を手にする事ができますが、夫婦単位で考えると、プラスマイナスゼロとなる可能性があります。

特に、どちらの夫婦も、離婚しない場合、慰謝料の相場は、同じくらいです。

収入、結婚期間、不倫の内容の悪質性などによって、金額は、若干変化しますが、重視されるのは、不倫をきっかけとして、家庭が完全に壊れて離婚するか、修復可能であるかという点です。

単身赴任先での不倫は、単身赴任が終わると、関係が解消する事が多いとされています。
双方が離婚しない事を選んだ場合、慰謝料を妻が請求する、夫婦単位での金銭的メリットは、ほとんどありません。

不倫相手の女性が、旦那の上司や取引先の人で、その立場を利用して、執拗に旦那に関係を迫ったというような事情でもない限り、あなたの方が高い慰謝料を請求できる可能性は、まずありません。
そのため、旦那が単身赴任中に不倫しても、W不倫だった場合、被害者の妻は、慰謝料請求を実際には行わない事が、少なくありません。

旦那の不倫相手のパートナーが不倫を知らない場合に慰謝料請求のメリットが生じる

W不倫では、女性は、慎重になります。
携帯を使うのは通話のみ。メールもLINEも一切使わない。不倫相手の電話登録もしない。
不倫の痕跡を一切残さないようにするのが、W不倫をする女性の定石です。

不倫相手の男性から、「妻が気づいたみたいだ」と言われると、即座に関係を終了させる女性も少なくありません。
不倫が発覚し、自分の家庭が壊れるのを、警戒しているからです。

W不倫では、不倫された妻だけが、不倫が行われている事に気づき、不倫された夫は不倫に気づいていない時期やケースが、けっこうあります。

もしも、あなたの旦那の不倫相手が、不倫を夫に気づかれていない場合は、慰謝料請求をして、あなたに金銭的メリットが生じる可能性があります。

W不倫で妻が慰謝料を手にするコツは旦那の不倫相手がパートナーに泣きつかないようにする事

旦那が単身赴任中に浮気をした相手が、既婚者だったら、相手の女性に慰謝料を請求する際、相手の女性を追い詰めない事が大切です。

金銭的に追い詰められたら、不倫がバレる事より、経済的負担に耐えかねて、パートナーに一切を打ち明けてしまうかもしれません。

不倫の被害者である事を自覚している人間が、1人ではなく、2人になったら、あなたが慰謝料を請求する金銭的メリットはなくなる危険性があります。

不倫によって、被った精神的苦痛に対して、慰謝料を請求する。
その姿勢を相手の女性にきっちり示しつつ、過剰に追い詰めるのは控えましょう。

相手の女性が、「自分の夫に知られたくない」「自分で何とかしないと」という考えで行動できる状況を壊さない程度に、責任を追及しましょう。

W不倫の相手から被害者の妻が慰謝料を手にするための3つの方法

1.慰謝料の額は相場より安めに設定する事

不倫の慰謝料は、離婚しない場合、200万円ほどが相場とされます。相場より少し安めの金額を設定しましょう。

2.支払い条件は相手の希望に合わせてあげる事

まとまった額を一括で支払うのが困難として、分割払いを望んできたら、要求に応じてあげましょう。

3.慰謝料請求の内容証明郵便は自宅や職場に送らないようにする事

慰謝料請求は普通郵便ではしません。証拠として使える「内容証明郵便」にします。
内容証明郵便は、自分でも作成できますが、旦那も相手の家庭を壊しており、不用意な事を書くと、不利な立場に置かれる可能性があります。弁護士に作成してもらうのが、オススメです。

郵送先は、普通は、不倫相手の自宅や職場ですが、W不倫では、そうした所に送ると、相手の女性のパートナーに気づかれる可能性があります。

自宅や職場に近い郵便局で留める、局留めにしましょう
不倫相手の女性が、「バレないようにしてくれた」と感謝して、あなたの請求に対して、協力的になる事が予想できます。

不倫相手の女性に、「自分は不倫の事実を知っている。不倫の証拠を掴んでいる。」という事を、まずは伝える事から始まります。
言い逃れのできない証拠を掴む事が、何より大切です。

不倫相手の女性に言い逃れができない証拠を掴んでくれるのは、探偵事務所です。
旦那が単身赴任中に不倫していると感じたら、1日も早く探偵事務所に相談しましょう。

探偵社に依頼してみよう!安さで選んだらまずい⁉︎

探偵社に依頼するメリットは、主に2つあります。

効率的に証拠がつかめる事

事実を把握した後の行動が円滑に進む事

いずれも、裁判を視野に入れた時、不可欠な条件です。

パートナーの浮気を疑った時、最初は、裁判までは考えないものでしょう。とにかく、今のモヤモヤから脱却したい。「気のせい」「どうかしてない?」と、白々しく言われるのに、疲れた。

そんな状態から、一歩前進しようとした時、他の、頼りになる人に、援助を受けたいと思って、具体的に思い浮かぶのが、探偵です。

探偵社は、今では、数多くあります。安い料金で請け負うのを、ウリにしている探偵社もあります。

探偵社は、料金が事前にはっきり分からない事も多く、料金は、日常感覚からすると、非常に高額です。安く請け負ってくれる会社に依頼したくなります。

しかし、私の経験上、安さをウリにしている探偵社は、オススメできません。肝心の証拠が、証拠力を欠いた物になりかねないからです。

人物が特定できないような、ぼんやりとしか写っていない写真

浮気を決定づけられる瞬間を捉えていない写真

そうした写真では、裁判に持ち込むまでもなく、旦那との話し合いでも、事実を突きつける事にはなりません。

証拠力が高い写真を撮ってくれる探偵事務所ならコチラ

証拠力が高い写真を撮ってくれる探偵社として、私がオススメするのが、原一探偵事務所です。

原一探偵事務所からの報告書を受け取った時、何より私が驚いたのが、浮気の決定的な瞬間を鮮明に捉えた写真でした。

頭をガンと殴られるような、激しい衝撃に襲われました。

「見たくない現実を見てしまった!」

それが、正直な感想でした。限りなく黒に近いグレーの心象を抱き、原一探偵事務所に浮気の調査を依頼しましたが、本当に黒だったと納得したのが、報告書に添付されていた写真でした。

原一探偵事務所は、調査実績43年。解決してきたのは、100000件以上。年間問い合わせ数は、30000件以上。探偵業界最大手の探偵事務所です。

全国主要都市18拠点にネットワークがあります。社員は、100名以上います。いつ何時調査を依頼しても、引き受けてもらえます。

調査員には、10年以上のベテランも多数います。2~3年で辞めてしまう調査員が少なくない中、原一探偵事務所の調査員は、経験が豊富です。

尾行していて、見つかってしまうという失敗は、原一探偵事務所の調査員なら、あり得ません。

また、調査後のアフターフォローも、原一探偵事務所は、万全です。法的アドバイスを貰ったり、弁護士さんを紹介してもらえます。原一探偵事務所は、東京都弁護士会共同組合の特約店です。

原一探偵事務所に相談する方法

原一探偵事務所に相談するには、公式ホームページから「お問い合わせフォーム」を送信します。「お問い合わせフォーム」は、「浮気調査の無料相談はこちら」をタップすると、表れます。

「原一探偵事務所は違法調査は行いません。詳しくはこちら」の「詳しくはこちら」をタップしても、「お問い合わせフォーム」が表れます。

「お問い合わせフォーム」に記入するのは、名前、性別、住所、相談項目、相談内容、電話番号、希望連絡日時、メールアドレスです。

名前は、ニックネームで構いません。住所、相談項目は、選択式です。また、希望連絡日時とメールアドレスは、記入しなくても大丈夫です。

急ぐ時には、フリーダイヤルで、相談できます。相談と見積もりは、無料です。しっかりした探偵事務所に依頼する事で、事実が明瞭になり、自分で納得できる人生が、選べます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする