興信所調査内容の詳細!利用経験者が語る実態

興信所というと、会社の信用度を調査するところというイメージが残っています。
あるいは、結婚前に相手の事を調べるのが、興信所という印象を持っている人もいます。

ただし、近年は、興信所も浮気調査を請け負うようになりました。
興信所に調査を依頼すると、どんな事を調べてくれるのでしょうか?
興信所を利用した経験がある私が、興信所の調査内容を説明します。

興信所の仕事は浮気調査が8割!今や探偵事務所と興信所の境界はない⁉︎

興信所に浮気調査を依頼してみようと思ったのは、たまたま自分の行動範囲内に興信所があったためです。

浮気調査を相談できるか、不安でしたが、対応してくれた担当者は、調査内容の8割が浮気相談だと説明してくれました。
残り2割は、人探し、盗聴器探し、ストーカー調査とのこと。

プライバシーを調査するのが、興信所と探偵事務所です。
両者の境界は、今、非常に小さくなっています。利用者にとっては、名称の違い程度の認識で問題ないと言えます。

2007年に制定された探偵業法によって、興信所も探偵事務所も、同じ探偵業者の取り扱いになると定められました。

現在、探偵事務所の社会的な認知度が高まっていますが、興信所の調査内容は、浮気調査に関して言えば、探偵事務所と同じと考えて差し支えありません。

調査は対象者の行動パターンの把握から始まる!GPS追跡装置を利用

旦那の浮気調査は、旦那の行動パターンの把握から始まります。

  • 会社と自宅の行き来の他に、どこに立ち寄っているのか?
  • 立ち寄り先に、浮気相手の住まいが含まれているのか?
  • どこで浮気相手とデートしているのか?

私の場合、電話を受ける旦那の様子から浮気を疑ったのですが、財布を見ても、クレジットカードを見ても、旦那のシッポを掴む事はできませんでした。

  • ラブホテルを使っているとしたら、現金で支払いをしているのか?
  • 浮気相手のアパートにでも行っているのか?

全く掴めないまま、興信所に調査を依頼したため、調査内容に、旦那の追跡調査が加わる事になりました。

興信所で使用されたのが、GPS追跡装置です。折りたたみ式携帯電話を一回り小さくしたくらいの装置を、マグネットで車の下に装着します。装着時間は、4秒程度です。
旦那の行動がリアルタイムで判明します。

GPSで追跡した結果、旦那が浮気相手のアパートに立ち寄っている事が分かりました。旦那の勤務先から電車2つ分の距離です。

浮気日を予測して尾行!調査員は2名

旦那が次に浮気しそうな日は、目処が立っていました。
第一候補と第二候補を興信所のスタッフに告げ、第一候補の金曜日の夜に、張り込みと尾行をしてもらいました。

興信所の尾行は、調査員2名以上で行うのが普通です。
1人は、対象者の次の行動を予測するのに専念し、もう1人は、適宜写真を撮り続けます。

旦那が浮気相手と会ってからの様子が、つぶさに撮られていました。
2人でコンビニに入っていく様子。会計を旦那が済ませる間、女性が旦那に話しかけている様子。手をつないで歩く様子。

そして、2人でラブホテルに入っていくところ。
ラブホテルから旦那と女性が出てきたのは、1時間半経ってからでした。出てきたところも、しっかりとらえられていました。

調査報告書には、膨大な写真とともに、それがいつの出来事であるかも、詳細に記録されています。

何時何分にどこに立ち寄ったか、旦那が何をしたのか、全て記録されています。
自分が、現場を直接見ていたような錯覚にとらわれます。

写真、行動記録に加えて、浮気マップとでも言うべき、地図が付けられています。
写真を撮って記録したポイントが、全て記された地図が、添付されていました。

決め手は×××への出入り写真!他の写真も多いほど旦那の言い逃れを封じる

旦那の浮気を原因とした離婚の裁判を起こす時、不貞行為の証明になるのは、ラブホテルへの出入り写真です。
入ってから出てくるまでに、最低でも40分は経っていないと、肉体関係があったとは推認されません。

あまりに短時間だと、「女性が気分が悪くなったので、たまたま近くにあったホテルに入って休んだだけ」と言い逃れされる可能性があります。

出入りした時間が記録され、出入りしたのがラブホテルだという事が、一見して分かる事が大切です。

もちろん、旦那の顔がしっかり写っている事。
旦那は警戒していたようで、帽子を被り、いつもと違うフレームの眼鏡を掛けていましたが、旦那だという事は、分かりました。

ラブホテルに出入りする前後も、あらゆる行動が具に記録されているため、2人の親密度は、一見して分かります。
恋人時代に、旦那が私と手をつないだ時と、全く同じ仕草で、浮気相手と手をつないでいる写真を見て、嫉妬に胸が苦しくなったほどです。

興信所の調査内容は、外から見えるシーンは、あらかた写真に収めます。
妻以外の女性と、親密な時間を過ごしている様子が、逐一、写真と文字と地図で記録されています。

旦那が、言い逃れする余地は、微塵もありません。

浮気調査は、旦那が油断している段階で行うのが、最も効果的です。
旦那を警戒させる前に、プロに依頼するのが、オススメです。
浮気調査のプロとしては、探偵事務所もあります。最近は、探偵事務所の方が認知度は高いかもしれません。

見積もり無料で、随時、電話やメールで相談に乗ってくれる探偵事務所も、多くなっています。
調査を依頼にあたっては、複数の探偵事務所から見積もりを取るのが、オススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする