オタクを恋人にすると浮気されない!オタク男を狙うなら女性はココに注意しよう

オタク男に、あなたはどんなイメージを持っていますか?

  • ダサい
  • 変わり者
  • 女心が分からない

そんな印象が原因で、オタクを彼氏候補から外していませんか?

実は、オタクは、恋人にした時、安心していられる男性です。
なぜなら、浮気しないから。
付き合った彼に浮気された経験がある女性にとって、オタクは、実は狙い目です。

オタク男が浮気しない理由と、オタクを恋人にする際の注意点を説明します。

オタクが浮気しないのは一点集中主義だから

オタクは、一点集中です。
自分の時間とお金と体力を、全て趣味に費やすのが、オタクの理想です。

関心を持った事にのめり込み、飽きる事なく追求するのが、オタクです。
関心を持った物が身の回りに増え、関心を持った物に関する知識が増えるのが、オタクの喜びです。

オタクは、広く浅くという態度で物事を進める事は苦手です。
狭く深く。これが、オタクの態度です。

その傾向は、女性に対しても、同じです。
可愛いと思ったら、誰にでも声を掛けるという事は、オタクにはできません。
自分が関心を持った女性にしか、オタクは近づこうとしません。

浮気はしません。オタクにとって、何人もの女性に同時進行的に関心を向けるのは、困難であり、無駄に感じられる行為です。

オタクにとって恋人は一番か?ゼッタイ言ってはいけないのがこの言葉

オタクは、浮気をしません。
一旦、恋人関係になったら、誠実に愛してくれるのが、オタクです。

自分が大好きなキャラクターでも、あなたが関心を持つと、くれたりします。
そうした姿を見ると、キュンとなり、「私がこの人にとって、一番なんだ」という気持ちになります。

ただし、趣味に没頭しているオタクに、「私と趣味、どっちが大切?」と尋ねるのはタブーです。
さんざん考えた末に出てくるのは、「どっちも一番だけど」という答えです。
女性にとって分かりにくい答えです。

女性にとって、一番は1つしかありません。恋人か趣味か、どちらかが一番であり、他は二番になります。
男性にとって、恋人と趣味は、別の部屋に分類されています。別の部屋に分類された中で、それぞれ一番なのです。

男性は、別の世界に分類できているものを、同じフィールドで戦わせる事を嫌います。
オタク男にとって、趣味は一番大事です。

同様に、恋人も一番大切です。

「趣味より君が大事に決まってるじゃないか」という言葉は、オタク男の発想にありません。
本来、そうした発想は男性にありません。

女性の為にリップサービスをするという小器用さは、オタク男にはありません。
「趣味と私、どっちが一番なの?」という問いは、絶対にしない事が大切です。

彼の趣味を理解しよう!のめり込むのはダメ⁉︎

オタクを恋人にしたら、彼の趣味は尊重しなくてはなりません。
自分の一番を貶されたら、仮にあなたに関心を持ったとしても、オタク男の熱は、たちまち冷めてしまいます。

オタク男にとって、趣味を貶されるのは、自分の全てを否定されるに等しい衝撃です。
彼の趣味に関心を持ち、彼が趣味に没頭する姿を肯定しましょう。

注意したいのは、彼の趣味にあなたがのめり込む事です。
「私も彼の趣味にのめり込んだら、デートしながら、一緒に楽しめるじゃない」それは、誤解です。

あなたと趣味が、同じ部屋に分類されていたら、一緒にする事は可能です。
しかし、彼は、恋人と趣味を別の部屋に分類しています。
一緒にはしたくないのです。

彼にとって、趣味にのめり込むのは、自分だけが良いのです。
あなたが同じ趣味にのめり込んでしまうと、彼の中であなたの分類が不明になります。
どこにあなたを分類したら良いかが、分からなくなります。

あなたに自分の趣味を取られたような錯覚にとらわれ、あなたから引いてしまう可能性もあります。
オタク男を恋人にし、彼の趣味を尊重しようとして、女性が陥りやすい失敗です。

好ましいのは、趣味に没頭する彼を、温かく見守る事。

彼の趣味に対しては、受け身でいましょう。
彼の趣味に過剰な関心を寄せてはいけません。
「趣味に没頭する彼」を大切に見守るようにしましょう。

オタク男は、「1つの事にのめり込む自分を認めてもらいたい」と思っています。
のめり込む姿に笑顔を送る事が大切です。

オタクが嫌うのはどんな女性?束縛しすぎは破局の元

オタクが最も嫌うのは、自分の趣味を貶される事。
次いで、嫌がるのは、束縛される事です。

オタク男は、本来、自分の全てを趣味に費やしたいと思っています。
時間もお金も体力も、趣味に捧げたいと願っています。
成長するにつれて、使う事ができる時間やお金や体力に、制限を設ける必要を知るようになります。
その配分の主導権は、自分で握っていたいと思っています。

他人からうるさく言われ、趣味に使う時間やお金を減らすのは、オタクにとって苦痛です。

オタクを恋人にしようとしたら、彼を束縛するのはやめましょう。
束縛され、趣味をあなたによって、遠慮しなくてはならない状況は、オタク男にとって、大きな苦痛です。

その苦痛は、あなたとの交際を断念しても良いと思わせるほど、大きく強いものです。
もし、束縛に強い反発を示さなかったら、心の中で別れを決めているのかもしれません。
他人に戻るつもりだから、揉め事を避けようとしているだけです。

オタク男は、束縛を極端に嫌がります。
束縛されたら、オタク男は別れを選びます。

どうしても心配なら束縛より有効なのが探偵への相談

オタク男は、浮気しません。
それでも、前の彼に浮気されたという場合、心配が募るのが女心です。

浮気を疑って、束縛すると、オタク男は別れを選びます。
束縛はしないようにしましょう。

彼が浮気していないか、どうしても不安なら、自分の不安に根拠があるかどうかを確かめてみましょう。頼りになるのが、探偵事務所です。

あなたが自分で彼の尾行をしても、まず、失敗します。失敗して、破局を迎えてしまいます。
確かな調査をしてくれるのが、探偵事務所です。

ちなみに、私が旦那の浮気を疑った時、相談したのが、原一探偵事務所でした。
調査に必要な人員、車両、機材等は、全て最初に掛かる基本料金の中に含まれているので、追加料金は発生しません。

料金トラブルの心配が無い探偵事務所です。
原一探偵事務所は、テレビでもお馴染みで、信頼性が抜群の探偵事務所です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする