男の浮気、バレる原因は嘘がバレやすいから!こんな嘘は浮気を露呈

旦那の浮気はバレる確率が高いとされます。
浮気調査に詳しい探偵のブログによると、旦那の浮気がバレる確率は、20~30%
妻が浮気した時、バレる確率は1%とされます。両者の違いは顕著です。

旦那の浮気がバレるのは、嘘が見え見えだから。旦那の嘘は、たいてい妻が見破ります。
とはいえ、「うちの人に限って」と信じたいのも女心。
必死についてる嘘が、実は浮気している事を露呈しているケースをまとめてみました。

スマホに関する嘘はスマホの置き方をチェックすると一発でバレる

スマホは、旦那が浮気した時、真っ先に扱いが変化する物です。
スマホを通じて、浮気相手と出会ったり、浮気相手と連絡を取り合ったりするからです。

浮気すると、旦那はスマホを肌身離さず持ち歩くようになります。お風呂場にもトイレにも、必ず持っていきます。
妻が自分のスマホに触るのを恐れています。触られまいとします。

ラインやメールの着信があっても、妻がそばに居る時は、確認したり、対応したりするのを控えます。
着信があったと指摘すると、旦那は生返事をするか、こう答えます。
「後で見るからいいよ、どうせ急ぎじゃないだろうから」なんとなくドギマギしているものです。

ふてぶてしくも落ち着いて答える旦那でも、あるところに注目すると、嘘は露呈します。
それは、スマホの置き方です。
スマホは、普通、画面を上向きにして置きます。画面が傷つかないから。また、ポップアップ機能があるのが原因です。

ガラケーと違って、スマホにはポップアップ機能があります。受信や着信があった時、送信者がでかでかと表示されます。

用意周到な旦那だと、浮気相手の名前をストレートに入力せず、「非通知」と登録します。着信があっても、画面には、「非通知」と表示されるわけです。

それでも、浮気している旦那は、画面を妻に見られる事を本能的に警戒します。

スマホの画面を下向きにして置くようになっていたら、スマホの扱いに関する旦那の言葉は、嘘の可能性がきわめて高いと言えます。

やたらと残業や休日出勤が増える時の嘘はワンパターン!突っ込んだらバレる

スマホの扱いと同じくらい、旦那が浮気した時、直ぐに変化が現れるのが、勤務形態です。
やたらと、仕事での忙しさをアピールします。

専業主婦はもとより、キャリアウーマンでも、旦那の仕事となると、軽々に踏み込んではいけない領域という憚りが働きます。「仕事と言えば、妻は黙る」旦那の確信です。

最初のうちは、残業。次第に休日出勤が増え、やがて出張が増えます。
妻の目をごまかして、やりくりできる時間を伸ばしていきます。

言い訳は、驚くほどワンパターンです。
「急な残業で」「休日出勤を上司に頼まれて」「他の奴が行きたがらないから、自分に出張が回ってきた」など「残業」「休日出勤」「出張」というキーワードは、絶対使います。

そして、仕事の内容は明かしません。

「新商品開発のための企画会議」「新規獲得したクライアントの満足度を調査するための検討会」など、具体的な内容を口にする事はありません。

「仕事と言えば、まかり通るはず」という大雑把な見通しと、「下手に具体的な嘘をついたら、妻に突っ込まれた時、ものすごく面倒な事になってかなわない」という意識が原因です。

「忙しそうね。大変。どんな仕事をあなたがしているのか、私にも教えて。」と言ってみましょう。適当にごまかそうとするはずです。

「どうしたの?いつも、僕の仕事内容に興味を持った事なんか無いのに」逆に質問してきたら、妻をはぐらかそうとしています。

「仕事を生き生きとしているあなたは、とっても素敵。だから、あなたのお仕事が知りたいの♡」ちょっと甘えて、追求してみます。

浮気をしている旦那にとっては、痛烈な皮肉です。しかし、皮肉と感じた事を、表す事はできません。

あくまで、旦那の嘘に乗せられてる感じで、甘やかに、しかし、しっかり追求します。
浮気をしている旦那なら、居心地悪そうに、話題を逸らそうとするはずです。

自覚しにくいのが好みの変化!指摘されると態度で直ぐにバレる

スマホの扱いや仕事を口実にしている事は、旦那も自覚しています。
嘘が比較的上手な、遊び人の旦那なら、妻に追求された時の言い訳を、用意している事もあります。

女遊びが好きな旦那でも、いきなり指摘されると、言い訳に窮するのが、好みの変化です。
落としたい女性に合わせて、浮気をしている旦那は、好みを変えます。
髪型、服装、車の中で聞く音楽など

既婚男性を狙う女性は、ドキドキ感を特に重んじます。普通の恋愛では味わえない、禁断の恋にスリルを覚えます。
恋に溺れるほど、「この人を奥さんから奪いたい!」と念じるようになります。
そのため、浮気相手を自分の色に染めたがります。
奥さんの息吹を感じさせない男に、自分の力で作り変えたいと思います。

浮気をしていると、旦那は好みが変化します。

しかし、好みの変化には、意外と本人は気づいていません。
「あら〜。最近、あなた、若々しく変身したのね!惚れ直しちゃった。」
きっと、旦那はドギマギするはずです。そして、嬉しそうな顔つきは、直ぐにはできないものです。

なぜなら、旦那が変身したのは、妻のためでは無いから。妻を喜ばせようとしての努力では無いから。

想定外のところから反応があった事に、たいていの旦那は戸惑います。
一瞬、間を置いたら、即座にチクリと言いましょう。

「でも、なんだか、あなたじゃないみたい。それも良いけど、私は、やっぱり、いつものあなたがいいわ。私の為なら、いつものに戻ってくれた方が嬉しいわ。」

旦那は困ります。妻の誤解を訂正するわけにはいきません。かと言って、妻の要求を飲むわけにもいきません。

どういう表情をしたら良いのか、戸惑いながら、生返事をして、なおかつ、従来と異なる好みを頑なに守っていたら、旦那の浮気はクロです。

自分の嘘がバレたと感じると旦那は逆ギレする!気づいていないフリでしっかり反応を見る

男性は、込み入った嘘を、浮気でつきません。
男性にとっては、浮気は一種の狩りです。確実に落とすという事が、第一目標になります。
そちらに主に力を注ぐあまり、妻への嘘が粗雑になります。

妻を軽く見ているから、女性では考えにくい、バレバレの嘘をつくわけではありません。
注意の向き方が、女性とは異なるのが原因です。

旦那にとっては、最善の方法で言いつくろったと思っています。
だから、妻が一歩踏み込むと、ドギマギし、二歩踏み込んでしまうと、パニックを起こして逆ギレします。

浮気に感づいていると、旦那に告げてしまうのは、旦那の領域に二歩踏み込む事になります。
適度な踏み込みは、一歩です。

旦那の嘘に気づいていないフリをして、バッチリ旦那の反応を見ます。
旦那がドギマギしているのを確認したら、旦那の嘘に乗せられているフリを守って、甘やかに釘を刺します。

旦那が浮気の深みにはまるのを、ある程度防いでくれます。
旦那の嘘は、見抜いても、嘘だと正面きって指摘しないのが、上手な対応です。
旦那の男としてのメンツを保たせてあげるゆとりも、必要です。

逆ギレをさせてしまうのは、メリットが何もありません。
旦那の浮気は許さず、泳がせて確かな証拠をつかみましょう。
「妻が気づいていないようだ」と思っている間が、旦那の浮気の証拠をつかむ好機です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする