W不倫で体の関係有り、夫を許して不倫相手の家庭を終わらすやり方

不倫されたという事実は、絶対忘れられるものではありません。
体の関係があったら、セックスをする時、「別の女とも、この人は、こんな事をしてたんだ」と、どうしても思ってしまいます。

それでも、一直線に離婚に踏み切れない事があります。
子供がいると、「この子を片親の元で大きくしていいものだろうか?」と悩みます。
不倫されたのに、夫への気持ちが残っている自分に、気づく事もあります。

旦那に不倫されて、旦那を許してやり直そうという時、放置できないのが、不倫相手です。やり直すうえで、最も大切なのは、二度と不倫させない事。
旦那には、不倫すると大きなリスクがあるという事を、しっかり理解してもらう必要があります。
妻の嫉妬ではなく、家庭を立て直すために、不倫相手とどう接したら良いのかを説明します。

不倫の事をSNSで拡散しない!不倫相手のインスタグラムに自身のアカウントから書き込むのは控える

夫を心ならずも許す時、不倫相手への怒りは燃えたぎります。
夫と体の関係を持った女には、恥をかかせてやりたいと思うのが、自然な感情です。

一番手軽なのが、今日では、SNSで不倫を暴露してやる事。

ブログをしている女性は、少なくなく、ブログはしていなくても、インスタグラムは、たいていの若い女性はしています。

そもそも旦那の浮気が、不倫相手の女のインスタグラムで発覚したという事も、珍しくありません。顔こそ写さないものの、不倫相手の男性の手足をさりげなく写し込んだ写真を、インスタグラムに投稿する不倫女は、少なくありません。

いわゆる「メモリー」というやつです。そこには、「この人は、私のものよ」という意識が見え隠れします。

そんな写真が載ったインスタグラムに、「あなた、私の夫と不倫してますね」と、一言書き込んでやりたい。妻なら、誘惑に駆られます。その誘惑は、断固、退けてください。

絶対、あなた自身のアカウントから、コメントを書き込んではいけません。ましてや、あなたがブログをやっていても、そこに、「誰それは、不倫してるんです。証拠もあります。」などと、書いてはいけません。

「なんで?事実じゃない!悪い事してるのよ!」
「悪いことした雌ブタを庇う事ないでしょ!」

そう思うのは、自然です。しかし、事実でも、不倫という、社会的評価を落とす事を、不特定多数の人間が目にする状況で指摘するのは、相手の名誉を損なう行為です。

SNSの運営会社から削除を求められます。

不倫相手の女から、あなたが名誉毀損で訴えられる可能性があります。
指摘した内容が事実でも、あなたが証拠を持っていても、名誉毀損に当たる事は変わりません。

SNS時代の今日、最も簡単な報復手段に思えるのが、SNSに暴露する事ですが、厳に慎まなくてはなりません。

不倫相手に直接電話やメールで不倫をやめるように伝えるのも意味がない!不倫相手は気にも留めないから

不倫相手の女に、何か一言言ってやりたい。
旦那は別れると言っても、旦那に任せられない。自分で「不倫をやめてくれ」と言ってやる。

妻として、当然の感情です。当たり前の行動のように思えます。

しかし、電話をかけたり、メールを送ったりするのは、実際には、全く無意味です。不倫相手の女にとっては、あなたの家庭が壊れようが、あなたがどうなっていようが、「どうだっていい」と思っているからです。

不倫している女は、自分がしている事を不倫だと感じていません。「純愛」だと思っています。自分の愛情こそが真実であり、他のことなど、どうなっても構わないと思っています。

あなたが、理性的な文面で不倫をやめるように訴えても、数文字読んだだけで、「何これ。ウザっ!」と、即座に消去するだけです。場合によっては、縒りを戻そうと、旦那に再び接近するかもしれません。

「こんなメール、あなたの奥さんが送ってきたの。私、何もしてないのに。ひどいよね?」泣き落としにかかるかもしれません。

不倫相手の女に、直接、電話やメールをするのは、無意味です。相手は、脅威とは感じません。不倫の抑止力にはなりません。

証拠をつかんだら訴えを起こすと内容証明郵便で通知!W不倫だと旦那も慰謝料を請求される

直接、電話やメールで不倫をやめるように訴えても、無意味です。
不倫相手には、法的手段によって、損害を賠償させましょう。
不倫相手の社会的信用を失墜させ、経済的にもダメージを与える、唯一の方法です。

内容証明郵便で500万円ないしは、1000万円の慰謝料請求をします。裁判所が、不倫に対して認める慰謝料の相場は、離婚しない場合、50~200万円です。訴えを起こす場合は、普通、請求額は、500万円、ないしは、1000万円とされています。

訴えを起こす場合は、弁護士に依頼します。内容証明郵便も作成してもらえます。
自分でしたい場合は、調停を申し立てる事になります。内容証明郵便は、自分でも作成できますが、余計な事を書いたらいけないので、司法書士に相談するのが、無難です。

旦那の不倫相手が、既婚者だった場合、注意しなくてはならない事があります。

W不倫では、不倫の被害者が2人いるという事で、あなたは旦那の不倫の被害者です。

そして、不倫相手の女のパートナーも、W不倫の被害者です。あなたは、不倫相手の女に、慰謝料を請求できます。

同じように、不倫相手のパートナーも、あなたの旦那に慰謝料を請求する権利があります。

W不倫の場合、慰謝料は貰えない可能性が高いのが、実情です。相殺されるからです。
あなたがやり直すと決断しても、不倫相手の家庭が壊れ、離婚するとなったら、慰謝料は、請求される額の方が多くなる可能性があります。

不倫相手の家庭を終わらせたい」

そう思って、不倫相手の旦那に知らせるのは、慰謝料を考えた時、あなたが不利になります。W不倫では、妻は、旦那が別の女と体の関係を持った事にいち早く気づきますが、夫は、妻が別の男と体の関係を持った事に気づかない事があり得ます。女の方が、嘘が巧妙だからです。

  • 慰謝料の額を、相場より少し低めに設定する
  • 内容証明郵便を不倫相手の自宅や勤務先でなく、局留めにする

こうした配慮をすると、慰謝料を自分だけで工面しようと、不倫相手の女が動く可能性が高まります。

慰謝料の支払いという現実問題に直面し、不倫相手の女が、あなたの旦那に接近する可能性もあります。慰謝料の一部を負担させるためです。
慰謝料の一部負担は、旦那に断固断らせなくてはなりません。断る事で、2人は完全に別れるからです。

慰謝料の請求をする前に、旦那と相手の女が、確かに体の関係を持った事を証明する写真を、手にしましょう。その写真を元に、旦那としっかり話し合います。

再び不倫したら、次は離婚して、慰謝料を請求すると、告げます。それとともに、旦那が帰ってきたくなる家庭を、築くように、さりげなく配慮します。
硬軟取り混ぜて、旦那を不倫相手から引き離す事です。

不倫相手の女が、自分のパートナーに知られてはいけない秘密を抱え、不倫相手にも助力を仰げなくなった時、相手の女は終わります。

あなたが不法行為に手を染めず、法的に認められた手段を行使する事が、不倫相手の女を終わらす最良の方法です。

探偵社に依頼してみよう!安さで選んだらまずい⁉︎

探偵社に依頼するメリットは、主に2つあります。

効率的に証拠がつかめる事

事実を把握した後の行動が円滑に進む事

いずれも、裁判を視野に入れた時、不可欠な条件です。

パートナーの浮気を疑った時、最初は、裁判までは考えないものでしょう。とにかく、今のモヤモヤから脱却したい。「気のせい」「どうかしてない?」と、白々しく言われるのに、疲れた。

そんな状態から、一歩前進しようとした時、他の、頼りになる人に、援助を受けたいと思って、具体的に思い浮かぶのが、探偵です。

探偵社は、今では、数多くあります。安い料金で請け負うのを、ウリにしている探偵社もあります。

探偵社は、料金が事前にはっきり分からない事も多く、料金は、日常感覚からすると、非常に高額です。安く請け負ってくれる会社に依頼したくなります。

しかし、私の経験上、安さをウリにしている探偵社は、オススメできません。肝心の証拠が、証拠力を欠いた物になりかねないからです。

人物が特定できないような、ぼんやりとしか写っていない写真

浮気を決定づけられる瞬間を捉えていない写真

そうした写真では、裁判に持ち込むまでもなく、旦那との話し合いでも、事実を突きつける事にはなりません。

証拠力が高い写真を撮ってくれる探偵事務所ならコチラ

証拠力が高い写真を撮ってくれる探偵社として、私がオススメするのが、原一探偵事務所です。

原一探偵事務所からの報告書を受け取った時、何より私が驚いたのが、浮気の決定的な瞬間を鮮明に捉えた写真でした。

頭をガンと殴られるような、激しい衝撃に襲われました。

「見たくない現実を見てしまった!」

それが、正直な感想でした。限りなく黒に近いグレーの心象を抱き、原一探偵事務所に浮気の調査を依頼しましたが、本当に黒だったと納得したのが、報告書に添付されていた写真でした。

原一探偵事務所は、調査実績43年。解決してきたのは、100000件以上。年間問い合わせ数は、30000件以上。探偵業界最大手の探偵事務所です。

全国主要都市18拠点にネットワークがあります。社員は、100名以上います。いつ何時調査を依頼しても、引き受けてもらえます。

調査員には、10年以上のベテランも多数います。2~3年で辞めてしまう調査員が少なくない中、原一探偵事務所の調査員は、経験が豊富です。

尾行していて、見つかってしまうという失敗は、原一探偵事務所の調査員なら、あり得ません。

また、調査後のアフターフォローも、原一探偵事務所は、万全です。法的アドバイスを貰ったり、弁護士さんを紹介してもらえます。原一探偵事務所は、東京都弁護士会共同組合の特約店です。

原一探偵事務所に相談する方法

原一探偵事務所に相談するには、公式ホームページから「お問い合わせフォーム」を送信します。「お問い合わせフォーム」は、「浮気調査の無料相談はこちら」をタップすると、表れます。

「原一探偵事務所は違法調査は行いません。詳しくはこちら」の「詳しくはこちら」をタップしても、「お問い合わせフォーム」が表れます。

「お問い合わせフォーム」に記入するのは、名前、性別、住所、相談項目、相談内容、電話番号、希望連絡日時、メールアドレスです。

名前は、ニックネームで構いません。住所、相談項目は、選択式です。また、希望連絡日時とメールアドレスは、記入しなくても大丈夫です。

急ぐ時には、フリーダイヤルで、相談できます。相談と見積もりは、無料です。しっかりした探偵事務所に依頼する事で、事実が明瞭になり、自分で納得できる人生が、選べます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする