忘年会シーズンに旦那が浮気や不倫をするのはコンパニオンが原因!

コンパニオンが来る忘年会は、今でも珍しくありません。旦那にしてみると、「別にフツウじゃない?」という受け止め方。

「男ばかりだと、仕事の話に終始して、忘年会がちっとも楽しくない」

「男だけだと、お通夜みたいな雰囲気になってしまうから、コンパニオンは必要」

「同席する女性社員にコンパニオンの真似事をさせるわけにいかないから」

それが、旦那の言い分です。しかし、妻にとっては、不安なもの。コンパニオンが原因で、浮気や不倫をするというケースは、実際のところ、多いのでしょうか?

一次会のコンパニオンと特殊な関係になる事はまず無い

忘年会の一次会からコンパニオンを呼ぶ場合、通常、90分。コンパニオンの料金は、会社持ちが普通です。一次会では、コンパニオンは、お酌をしたり、料理を取り分けたり、鍋の雑炊を作ったりしてくれます。

一次会でのコンパニオンは、料亭の仲居さんに近い役割です。仲居さんのように、調理場との間を行き来しない分、宴会場での話に華を添えます。

一次会でコンパニオンと客が、個人的に関係を持つ事は、通常、ありません。一般的なコンパニオンは、その時間が過ぎたら、次の会場に移動していきます。

コンパニオンの派遣先では、客と連絡先の交換をするのを、禁止しています。特に一次会では、羽目を外すのは、厳しく戒められています。

二次会になるとピンク系もあり!怪しげな関係の始まりは二次会から⁉︎

一次会が終了する前に、コンパニオンを延長するかどうかが、参加者に問われます。延長しない場合、コンパニオンは帰ります。延長を希望すると、二次会のコンパニオンの料金は、個人持ちになるのが普通です。

二次会になると、コンパニオンとの関係は、にわかに変化します。野球拳などが行われるのは、二次会です。会場の雰囲気は、猥雑になり、コンパニオンと個人交渉を始める人が、出てきます。浮気の可能性が生じるのは、もっぱら二次会です。

二次会に出たら浮気の可能性はあるのか?キャバクラとどっちが浮気は多い?

コンパニオンがいる忘年会は、一次会と二次会で雰囲気が変わりやすいのが、特徴です。乱れてしまうのは、二次会。

コンパニオンは、店側の監視がありません。

基本的にノルマもありません。

キャバクラとの違いが、その2点です。

気楽さから、そのまま浮気に発展するケースは、稀ではないのが、実情です。コンパニオンが二次会に居た客と浮気関係になるハードルは、キャバクラのホステスが客と浮気関係になる場合より、ハードルが低いと言われています。

コンパニオンとの浮気は一夜限り⁉︎長続きしないって本当?

コンパニオンと客の浮気は、キャバクラのホステスが客と浮気関係になる場合より、ハードルが低いと言われています。

ただし、キャバクラのホステスと浮気した場合のように、長続きする事は、きわめて少ないのが、特徴です。コンパニオンは、会場ごとに変わります。行きずりの関係です。

酒の勢いで誘ってしまった

雰囲気にのまれてしまった

そうした理由から、コンパニオンを誘い、関係に及ぶのが、大半のケースです。きわめて短期間に関係が終了するのが、コンパニオンとの浮気です。

忘年会での浮気は証拠が掴みやすい⁉︎痴話喧嘩で終わらせたくないなら探偵事務所に相談するべき

浮気調査を専門にする探偵社では、忘年会を原因とする浮気について、ジンクスがあるそうです。

「忘年会の浮気は、高確率でラブホテルに入る」

理由は、季節的に寒いから。人肌が恋しくなって、抱き合うとか。

忘年会の二次会で誘ったコンパニオンとの浮気では、ラブホテルに入る証拠写真が、高い確率で手に入るとされています。その関係が長続きするケースは、少ないと言われていますが、妻にとっては、一度きりでも、「ゼッタイ許せない」という気持ちになるものです。

私が家事や育児で忙しくしている間、コンパニオンといちゃついて、挙句に浮気⁉︎そんなの許せない!

そんな時は、探偵事務所に相談するのがオススメです。

旦那を直接問い詰めても、白状するのは、野球拳をした段階まででしょう。ラブホテルに入ったという事は、妻にはヒミツにします。妻が、本当に知りたいのは、浮気をしたかどうかという事。

探偵事務所に依頼すると、コンパニオンとラブホテルに入って行く旦那の姿を、正面からしっかり捉え、バッチリ写真に撮ってくれます。

仮に会場の付近で待っていて、あなたが旦那の浮気の現場を押さえようとしても、素人が決定的な瞬間を捉えて、写真を撮るのは無理です。

かつて旦那の浮気に悩んだ私は、数々の探偵事務所を調べました。調べた結果、相談しても安心できるところとして、3社を選びました。その3社については、別のページに紹介しています。そちらも参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする